バイナリーオプションを簡単に説明すると

外国為替証拠金取引では、差金決済で1日に何遍でもトレードできるのを利用してスキャルピングという手段を利用することができます。
この取引手法では、一度の取引の利益は少ないのですが、売買回数を増やして少なめの利益を積み重ねていくのが一般的な方法です。
利益確定や損切のpipsも元から決めておきます。
FXでは取引を続けるごとにだんだんと負担になってくるのがポジションを持った時にかかるスプレッドなのです。
このコストはパッと見ると微量でまったく大した額にならないように見えても、主流となった短期取引のケースだと取引する回数が多い分、ちりも積もれば山となってくるのです。
そのため、一番初めの業者選びの際にスプレッドを重視しておくのはとても大切だといえます。
外貨預金は円と外貨を変換する際に、銀行に手数料を払わなければなりません。
けれど、FXでは、まったく手数料がなしでたいていの業者と取引が行えますので、比較的簡単に取引を行えます。
バイナリーオプションはトランプのハイアンドローや丁・半の賭け事のようであるとも言われています。
しかし、レバレッジを使わずに長期的に資産を運用していくのであれば、倒産のリスクなどを考えて銀行に資産を預ける方法が一番安全です。