教育ローン審査通る?その受け取り方の種類は2つ

教育ローン審査通るか不安ながら審査を受けたあと、もし通ったとして教育ローンの受け取り方として一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特色としてはローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

返済計画が立てやすい一方、追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンというサービスになります。

りそな教育ローン変動金利なので1年に2度、金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息分のみの返済で支払い負担を少なくすることもできますし、すでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と高額で返済期間は15年から20年で長期ローンになっているのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行であれば口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

また、金利には2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

申請者は学生の親であることが多く学費の支払いのために利用することが多いようです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

注意しておきたい点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

国が学びたい学生のために融資をしている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円まで借り入れることができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利なので利子の心配はあまりありません。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

教育ローンの申し込み方を簡単に解説します。

申し込み方法には郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後届いた書類を記入し、返送します。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申し込みもWebで行えますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを借りることは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も融資を受ける上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的には難しいでしょう。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などといった生活費のすべてを自分の稼ぎで支払えているかも重要な要素になります。

ですから、国の教育ローンではなく銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。教育ローン審査通るか不安でもひとまず受けてみるのもいいでしょう。

参考:http://www.next-right-thing.org/

教育ローンには審査がありますが、誰しも通るとは限らないです。教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職や年金受給者は借りることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規雇用の場合は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

年収も200万円以上はないと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から開始となります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間は最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

ろうきんは会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育以外の使用用途にはローンを利用できません。

借りやすい教育ローンとして使える、アコムカードローンも使っている方が多いです。

通常のカードローンとさほど違いはなくカードの限度額の範囲内なら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

一般のカードローンと異なる点は使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが銀行でもカードローン型を提供しているところはあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。