保険の窓口騙されるって本当?紹介してもらえるのは儲かる商品?

いわゆる保険の見直しといえばこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろ直接面談するのが普通かと思いますが、数ある会社の中には電話でアドバイスをしているところもあるようです。

流れをたどってみますと、まず電話の時間予約をネットやフリーダイヤルなどで行ったら、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

もちろん0円でできます。

この方法なら提案が不満なときも話を終わりにしやすいので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

インターネットの中では、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。

これはつまり世間の人々が強い関心を寄せていて、プロの意見を聞いてみたいと感じているということなのでしょう。

そして同じくらい面談についても気になっているのだと思います。

中でもこちらを訪問してくれるタイプの評判が気になるところですが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、そしてまたこちらの希望を聞く姿勢です。

どこにお願いするか決めるときには、FPさんの質について重点的にチェックしてみると良いと思います。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険の窓口のような保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて状況は変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて見直しましょう。

相談した結果、内容はほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでも大丈夫なので気楽に利用してみてください。

将来のことを考えて保険の加入を考えている方、加入を検討しているならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選び方もいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

保険の相談方法として来店タイプと訪問タイプとがありますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

きちんと理解できないまま、FPさんの強い勧めだけで契約してしまうことも考えられます。

すぐに決めさせようとして断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、その後の対応についても不安が残るので一度離れた方が良いかもしれません。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、家族などにも面談に参加してもらいましょう。

例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここではFPの見極めるポイント、断り方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当に相談者目線に立ってくれるFPなら強引に引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が紹介された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を削除したり、電話1本、メール1通などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できるFPから納得いくまで説明を受けてから決めましょう。

家計がギリギリ、でも将来のために貯金はしたい!という方はどの支出を節約しましょうか。

まず思いつくのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできることならそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

通話時間を抑えたり、大手3社から格安SIMに乗り換えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

CMなどでよく見る保険の窓口のような保険無料相談サービスを利用した人のブログによると現在の契約状況・保障内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の方は担当者さんの対応が親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できるような担当者に当たるまで相談するのもいいかもです。

皆さんは自分の入っている保険にどんな保障が付いているか把握していますか?少しでもわからない部分があれば確認しておいた方がいいです。

参考:保険の窓口騙される?中立は嘘?【紹介されるのは儲かる商品?】

その際、おすすめするのが保険の窓口のような保険無料相談サービスを利用してFPを紹介してもらうことです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや火事にあってしまってしまったときの保障などは、日常生活では使わないので保障の利用条件などを忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用することにより現在加入中の保障内容がライフプランに合っているか確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ保障内容なのに月額が低くなる場合もありますよ。

無料の保険見直し会社は有名なところだけでもたくさんあります。

手軽にネットから予約ができるので、とてもライトにFPさんとの話し合いの機会を持てます。

と言ってもやはり自分でできることは実際会う前にしておきましょう。

今現在ある保障についてはもちろんのこと、どんな保障が自身のライフスタイルに合うと思うか、または必要ないものはないか、支払い可能な月額はどれくらいなのか、家族の増減等これからどんな風に変わっていく可能性があるのかなど、面談前に調べたり考えたりしておくことで、時間を有効に使えます。

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、CMによっては利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について書きます。

一般的な流れとして、ネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは近くの店舗で相談という流れになります。

FPに会ってからは最初に、将来の希望や保険に関する疑問、現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをしたライフプランから保険選びの情報提供をして提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障内容が合っているかを一緒に確認します。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には見られていません。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険の窓口のような保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのか、そのカラクリをご説明いたします。

その理由は各保険会社から契約成立時に手数料が収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、お客様目線で提案してくれるサービスが多く「相談に行ったら今より高い保険を勧められそう」心配事は評判が悪くなるのでほぼ起きないと思って良さそうです。

保険は人生の中でも特に重要な部分を占める出費ですから、見直しをする際も気を付けなくてはなりません。

万が一のトラブルを予想したり調べたりして、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

特にごり押し的な勧誘については多くの人が不安に思っていることでしょう。

こちらの不安をあおったり、一方的にメリットを押し付けられたりして十分に理解できていないのに契約に進まされるといった感じでしょうか。

不安なときはこちらの要望を伝えたうえで少し時間を置きましょう。

普通なら担当FPさんを交代することも可能なので、調べておきましょう。

大切なことですから雰囲気に流されることなく自分で決断しましょう。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

同様に保険の窓口のような保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い景品プレゼントに変えているサービスもあります。