母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】

母子家庭のシンママは低金利の教育ローンを借りれるのでしょうか?当サイトでは、母子家庭でも借りれる教育ローンを分かりやすくご紹介します。国の教育ローンやろうきんの教育ローンと比較します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 教育ローンについてご紹介します。
教育ローンについてご紹介します。

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンについてご紹介します。

母子家庭でも借りれる教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

主に教育を受ける学生の保護者が学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小学校、中学校も母子家庭でも借りれる教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

注意しておきたい点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には母子家庭でも借りれる教育ローンが利用できない場合があります。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社など多くあります。

その中でダントツでおすすめなのは国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校だけでなく中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

高校生の学費といっても私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないなんてことになってしまうと除籍や退学という最悪の結末も考えられます。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

国の教育ローンを利用すれば低所得者の味方ですから安心して借りることができますよ。

教育ローンを比較したい時はランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

銀行やノンバンクを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など比較したい情報は表になっているので簡単に比べることができます。

表の中には、来店の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

金利が低い教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国の教育ローンがどれだけ低金利なのかよくわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、低所得者の救済する目的のローンなので対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。

母子家庭でも借りれる教育ローンではいくらまで借りられるかということについてご説明します。

最初に答えを言うと、銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローンの場合、最大限度額が350万円です。

民間の銀行の場合は300万円から1000万円程度です。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。

一方、ノンバンクは学校と提携しているケースがあり、提携校によって融資額に違いがあるほか、審査は早い分金利は高い等と言ったこともありますので、精査が必要です。

銀行が貸付する母子家庭でも借りれる教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですし返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンの受け取り方のひとつに一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行の多くはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴はローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずは事前診断を行ってみて借り入れ可能か診断してみましょう。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

国が融資してくれる母子家庭でも借りれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで借り入れることが可能です。

教育一般貸付の金利は年1.76%と低く設定されており固定金利なので安心して利用することができます。

子供の人数や世帯年収(所得)によって融資を受けられる所得の上限額が変わってきます。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

関連記事




Copyright (C) 2014 母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】 All Rights Reserved.