母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】

母子家庭のシンママは低金利の教育ローンを借りれるのでしょうか?当サイトでは、母子家庭でも借りれる教育ローンを分かりやすくご紹介します。国の教育ローンやろうきんの教育ローンと比較します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 学生本人が教育ローンを利用するというのは基本
学生本人が教育ローンを利用するというのは基本

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためには成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

また、今の仕事を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

国の母子家庭でも借りれる教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円まで借り入れることができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利ですので利子の不安は最小限と言えるでしょう。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

使い道は民間の金融機関よりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンを比較するならランキングサイトを活用すると良いでしょう。

いちいち金融機関を回ったり電話で資料請求などしなくても済みます。

金利や借入可能額など比較したい情報は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いので是非ご活用ください。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人になっていなければ借り入れることができません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入は欲しいところです。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の母子家庭でも借りれる教育ローンと比較するとかなり高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代なども認められています。

教育ローンの申し込み方法は郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。

ネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

一般的なカードローンと同じでカードの限度額の範囲内なら自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとどこが違うのかというと教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国の母子家庭でも借りれる教育ローン)なら世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

教育ローンの金利を説明します。

母子家庭でも借りれる教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行であれば口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

また、金利の計算方法には2つあり固定金利と変動金利があります。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンが借りれないという人はどういった状況が想定できるでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、働いていなければなりませんから無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規で働いている人は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

また、年収は200万円を下回るようであれば審査を通過することは困難です。

関連記事




Copyright (C) 2014 母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】 All Rights Reserved.