母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】

母子家庭のシンママは低金利の教育ローンを借りれるのでしょうか?当サイトでは、母子家庭でも借りれる教育ローンを分かりやすくご紹介します。国の教育ローンやろうきんの教育ローンと比較します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 高校生の学費が安いとは限りません。 私
高校生の学費が安いとは限りません。
私

高校生の学費が安いとは限りません。 私

高校生の学費が安いとは限りません。

私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

学費の支払が滞ってるとなると解決方法には借金しかありませんが借入先は慎重に選ばなければいけません。

教育一般貸付(国の母子家庭でも借りれる教育ローン)なら低所得者の味方ですから安心して借りることができますよ。

母子家庭でも借りれる教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

母子家庭でも借りれる教育ローンと言っても要は借金ですから返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

母子家庭でも借りれる教育ローンの申し込み方法は郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申し込みもWebで行えますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の母子家庭でも借りれる教育ローン)です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

普通のカードローンとほとんど同じで限度額の範囲内であれば自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

通常のカードローンとの違いは使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンの比較はランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

金融機関に出向いたり資料請求する手間はかかりません。

金利や借入可能額など知りたい情報は表になっているので一目で比較ができます。

表の中には、来店の有無やローンのお勧めポイントなどが網羅されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で特におすすめなのは国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校のみならず専門学校や短大、各種学校などにも幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

銀行の教育ローンは通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きく返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が割引になる銀行もあります。

埼玉りそなの教育ローンを知っていますか?埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

りそな母子家庭でも借りれる教育ローン変動金利方式を採用していますので、1年に2度、金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、すでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

ですが、何より一番重要な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

関連記事




Copyright (C) 2014 母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】 All Rights Reserved.