電子マネーって何?

スーパーやデパート、コンビニや電車など様々な場面で電子マネーを利用する場面や施設が増えています。

また、電子マネーと言っても、様々な種類や特徴があり、人によっては複数種類の電子マネーを利用している方もいます。

そもそも、電子マネーとはどういうものなのでしょうか。

実は、見かけ上、2種類に分別できます。

1つはICカード型と呼ばれるクレジットカードタイプのもの、もう1つはインターネットなどの電子ネットワーク上で利用できるものです。

前者はIC型電子マネーと呼ばれており、紙幣や硬貨に続く貨幣、あるいはそれに代わる貨幣として利用されることを目指しています。

IC型電子マネーは、カードに現金情報を蓄積する「ICチップ」がカードに付いており、現行の金融システムをあまり変えずに導入できるため、急速に普及しています。

後者についてはネットワーク型電子マネーと呼ばれており、インターネット上のみでしか利用できません。

「ポイント」と表記される場合もあるため、電子マネーとして認識されていない場合があります。

しかし、IC型電子マネーと異なり、ネットワーク型電子マネー間で通貨・ポイント交換できるため、1種類の電子マネーに集約できるサービスが普及しつつあります。

そのため、ある種類のネットワーク型電子マネーでしか購入できない商品があれば、その電子マネーに他のポイントや通貨に集約すれば良いことになります。

今後、ますます広がりを見せる電子マネーの特徴やメリットを理解することで、様々な特典や優遇を受けられるようにしてみましょう。